初級シスアドの過去問

    問題選択:    答え表示形式 表示隠す 


全検索 



ディスクアレイの特徴として、適切なものはどれか。 ( H14年度春 問2 )


DRAMで構成される高速で廉価なディスクである。
小型磁気ディスクを直列に接続し、大容量で高信頼性、高速性を実現している。
磁気ディスクの並列動作や冗長ディスクの付加によって、アクセス性能向上や高信頼性を実現している。
何台かの磁気ディスクごとにキャッシュをもち、I/Oの高速化を図ったものである。



答え.ウ



磁気ディスクのバックアップを取るために使用されるストリーマ(テープドライブ)に関する記述のうち、適切なものはどれか。 ( H14年度春 問3 )


磁気ディスクと同等に、ランダムアクセスが可能である。
磁気ディスクの更新の差分をバックアップする場合は、記録データの部分書換え機能が利用できる。
大容量の磁気ディスクに対応するために、データの読み書きにはレーザ光を使用する。
データの読み書きを連続して行い、ブロックごとにスタート、ストップさせることはしない。



答え.エ



半導体ディスクの説明として、適切なものはどれか。 ( H14年度春 問4 )


DRAMで構成された主記憶の一部を磁気ディスク装置と同じように、補助記憶装置として使用するものである。
磁気ディスク装置と主記憶の間にDRAMを用いたキャッシュメモリを設けるものである。
主記憶をDRAMで拡張するものである。
バッテリを備えたDRAMで構成し、磁気ディスク装置と同じ働きをする装置として使用するものである。



答え.エ



グラフィックス表示に関係する用語はどれか。 ( H14年度春 問6 )


IEEE 1394
MP3
PCI
XGA



答え.エ



横1024ドット、縦768ドットの解像度の画面を24ビットのカラー情報で表示するためには、グラフィックス用のメモリは少なくとも何Mバイト必要となるか。 ( H14年度春 問7 )


2.0
2.4
4.0
18.9



答え.イ



ネットワーク機器の一つであるスイッチングハブ(レイヤ2スイッチ)の機能として、適切なものはどれか。 ( H14年度春 問8 )


LANポートに接続された端末に対して、 IPアドレスの動的な割振りを行う。
受信したパケットを、あて先MACアドレスを含むLANポートだけに転送する。
受信したパケットを、すべてのLANポートに転送(ブロードキャスト)する。
受信したパケットを、ネットワーク層で分割(フラグメンテーション)する。



答え.イ



使用しているパソコンの処理能力が低下してきたので調査したところ、磁気ディスク装置の入出力時間が増大してきたことが分かった。この状況を改善するためにユーティリティを導入し、シーク動作を減少させて効率よくアクセスできるようにしたい。このとき、ユーティリティが行うべき適切な処理はどれか。ここで、利用する磁気ディスク装置は1台とする。 ( H14年度春 問9 )


大きなサイズのファイルを同一のディレクトリ(フォルダ)に格納する。
各ファイルを磁気ディスク装置内の複数の領域に分散化する。
参照頻度の高いファイルを磁気ディスク装置内の連続した領域に格納する。
参照頻度の高いファイルを同一のディレクトリ(フォルダ)に格納する。



答え.ウ



パソコンに接続した周辺機器をアプリケーションソフトから利用できるようにするため、OSと周辺機器を仲介する目的で周辺機器ごとに用意されるソフトウェアはどれか。 ( H14年度春 問10 )


インストーラ
デバイスドライバ
デバイスマネージャ
フォーマッタ



答え.イ



あるシステムでは、そこで使われるファイルに対してレコード単位に4種類(読取り、追加、修正、削除)のアクセス権が設定可能である。例えば、あるファイルに対しては読取りだけ、また、あるファイルに対しては読取り、追加及び修正の3種類のアクセス権を同時に設定することができる。このとき、ファイルに対して設定できるアクセス権の組合せは何通りか。ここで、ファイルには少なくとも一つのアクセス権が設定され、さらに修正を設定した場合は読取りと追加が、削除を設定した場合はほかの3種類のアクセス権も自動的に設定されるものとする。 ( H14年度春 問11 )


4
5
8
15



答え.イ



あるデータをインターネットからダウンロードしたときに、パソコンの画面上に転送速度が7 kバイト/秒と表示されていた。インターネットとの接続速度が64 kビット/秒とすると、このときの通信回線の利用率はおよそ幾らか。 ( H14年度春 問12 )


0.01
0.11
0.32
0.88



答え.エ



コンピュータシステムの応答時間の定義として、適切なものはどれか。 ( H14年度春 問13 )


コンピュータシステムに対する問合せの終わりを指示してから応答が完全に終わるまでの経過時間
コンピュータシステムに対する問合せの終わりを指示してから応答が始まるまでの経過時間
コンピュータシステムに対する問合せの始まりを指示してから応答が完全に終わるまでの経過時間
コンピュータシステムに対する問合せの始まりを指示してから応答が始まるまでの経過時間



答え.イ



コンピュータシステムの使用目的に合うプログラムを実行させ、そのプログラムの実行時間を相対比較することによって、システムの性能を評価する方法はどれか。 ( H14年度春 問14 )


MIPS値測定
シミュレーション
ソフトウェアモニタ
ベンチマーク



答え.エ



コンピュータがPBXと連携して、電話やFAXに対して自動応答をしたり、最適な着信者に振り分けたりする技術はどれか。 ( H14年度春 問16 )


CTI
CODEC
VoIP
VPN



答え.ア



インターネットに関係するプロトコルや言語に関する記述のうち、適切なものはどれか。 ( H14年度春 問17 )


FTPは、電子メールにファイルを添付して転送するためのプロトコルである。
HTMLは、文書の論理構造を表すタグをユーザが定義できる言語である。
HTTPは、HTML文書などを転送するためのプロトコルである。
SMTPは、画像情報を送受信するためのプロトコルである。



答え.ウ



TCP/IPネットワークで、Windowsの同一ドメインに接続された複数のパソコンから、プリンタサーバ経由でドキュメントを印刷したい。プリンタサーバに関する記述のうち、適切なものはどれか。 ( H14年度春 問18 )


プリンタサーバが共有資源であることをプリンタサーバ自体に定義しておく必要がある。
プリンタサーバとローカルなプリンタを同一ドメイン内に共存して設置することはできない。
プリンタサーバにはIPアドレスを設定する必要がない。
プリンタに対する印刷要求のキューは、プリンタサーバに置かず必ずクライアントに置く。



答え.ア



インターネットの電子メールにおいて、差出人が利用している電子メールソフトの種類を調べる方法として、適切なものはどれか。 ( H14年度春 問19 )


送られてきた電子メールのヘッダを調べる。
差出人が利用しているISP(インターネットサービスプロバイダ)を調べる。
差出人のアドレス情報を、自分の電子メールソフトのアドレス帳で調べる。
電子メールに添付されているファイルの種類を調べる。



答え.ア



Java言語で作成されたプログラムは、異なるハードウェアや異なる基本ソフトウェア上で実行可能である。この特徴に関連する語句として、適切なものはどれか。 ( H14年度春 問21 )


JIT(Just in Time)コンパイラ
仮想マシン
クロスコンパイラ
リバースエンジニアリング



答え.イ



2002年4月21日という日付データを、20020421のように8けたの10進数として、データベースに格納してある。この数値(D)を読み込んで月の部分を取り出すには、どの計算式を用いればよいか。ここで、x / yはxをyで割った商(小数部分は切捨て)を、x % yはxをyで割った余りを表すものとする。 ( H14年度春 問25 )


(D%10000)%100
(D%10000)/100
(D/10000)%100 
(D/10000)/100



答え.イ



日本語入力ソフトを使って似通った内容が続く長文を入力する際に、入力した読みがなの変換効率を向上させるため、利用者が配慮すべきことはどれか。 ( H14年度春 問28 )


正しい文節の区切りや単語で変換を確定する。
日本語の入力方法を、ローマ字入力からカナ入力に変更する。
変換候補から漢字を選ぶときに、マウスを利用して直接選択する。
変換時に表示する変換候補の数を増やす。



答え.ア



関係データベースにおけるカーソルの用途として、適切なものはどれか。 ( H14年度春 問30 )


アプリケーションプログラムからのデータベース操作
対話的なデータベース操作
データベース利用者の認証
ビュー定義



答え.ア



システム開発を基本計画、外部設計、内部設計、プログラム設計、プログラム開発、テスト、運用・保守の工程順に実行するウォータフォールモデルにおいて、工程終了の成果物として要求仕様書を作成する工程はどれか。 ( H14年度春 問32 )


外部設計
基本計画
内部設計
プログラム設計



答え.イ



DFDのデータフロー(矢線)の書き方に関する説明として、適切なものはどれか。 ( H14年度春 問33 )


1 個のプロセスから流れるデータフローは、1 本となるようにする。
異なるプロセスから流れるデータフローは、合流させないようにする。
ファイル間のデータのやり取りは、ファイル同士をデータフローで結合する。
プロセス間のデータフローには、流れている情報が分かるような名前を付ける。



答え.エ



パソコンのOSなど、一般的なGUIのメニュー操作において、ユーザが複数のオプションを選択する必要があるときのメニューの形式として、適切なものはどれか。 ( H14年度春 問35 )


チェックボックス
テキストボックス
ボタン
ラジオボタン



答え.ア



既存のシステムのある機能を修正したところ、今まで正常に動作していた機能で異常終了した。不十分であったと考えられるテストはどれか。 ( H14年度春 問36 )


エンドユーザが本稼働前に運用して確認するテスト
システム要件に定められている機能が、すべて含まれているかどうかを検証するテスト
退行していないことを確認するテスト
量的な負荷をかけてシステムが業務に耐えられるかどうかを確認するテスト



答え.ウ



ブラックボックステストを担当することになった。入力項目“年齢”(整数値)の正常データ範囲が15 ≦ 年齢 ≦ 60であるとき、限界値分析に用いるテストデータとして適切なものはどれか。 ( H14年度春 問37 )


14、15、59、60
14、15、60、61
15、16、59、60
15、16、60、61



答え.イ



業務システムの開発においては、顧客と開発者、又は開発者同士の意思疎通を図る上で、対象業務に使用される言葉の意味や用法を用語集として整理しておくことが有効である。この用語集の取扱いに関する記述のうち、適切なものはどれか。 ( H14年度春 問38 )


開発着手段階から作成、更新する。
開発の最終段階でマニュアル執筆者が作成する。
小規模なシステムの場合には不要である。
対象業務に関する専門用語だけをまとめる。



答え.ア



システムインテグレーション(SI)サービスに関する記述として、最も適切なものはどれか。 ( H14年度春 問40 )


システムの要求分析や基本設計を、ユーザと協力して行うサービスである。
情報システムの運用にかかわるすべての業務又は一部の業務を請け負うサービスである。
マルチベンダ環境で情報システムを構築することに限定したサービスである。
ユーザニーズに応じて、ハードウェアを含めた情報システムの構築を一括して請け負うサービスである。



答え.エ



データベースシステムにおける障害時のリカバリ機能であるロールバックに関する記述のうち、適切なものはどれか。 ( H14年度春 問41 )


更新後ジャーナルを用いて、トランザクション開始後の障害直前の状態にまでデータを復旧させる。
更新後ジャーナルを用いて、トランザクション開始直前の状態にまでデータを復旧させる。
更新前ジャーナルを用いて、トランザクション開始後の障害直前の状態にまでデータを復旧させる。
更新前ジャーナルを用いて、トランザクション開始直前の状態にまでデータを復旧させる。



答え.エ



データベースを使用する際、検索中に情報を更新できる機能をもたせるとデータベースの内容に不整合が生じることがある。こうした事態を防ぐための機能として、適切なものはどれか。 ( H14年度春 問42 )


セキュリティ維持
操作言語の解析・処理最適化
データ構造設計支援
排他制御



答え.エ



システムへ追加される新機能に関する事前説明会が開催されることになった。初級システムアドミニストレータのAさんは、システムを利用するすべての人に、この説明会になるべく出席し、意見を交換するように勧めた。 Aさんが期待した効果はどれか。 ( H14年度春 問43 )


アルゴリズムの正当性の検証
開発コストの低減と開発期間の短縮
システム開発作業に対するユーザの参画意識の向上
ホワイトボックステストケースの設計



答え.ウ



パソコン、サーバ、ネットワーク機器などの導入から運用管理までの総費用を示す用語はどれか。 ( H14年度春 問44 )


TCO
TCP
TQC
TVO



答え.ア



コンピュータシステムのコストを初期コストとランニングコストに分けるとき、初期コストに含まれるものはどれか。 ( H14年度春 問45 )


オペレータ費用
設備維持費
ソフトウェア開発費
リース機器費



答え.ウ



A社のB課では、課内の商用電源( 100 V)を用いて、複数台のパソコンを使用することになった。分電盤にはパソコンとCRTディスプレイ以外の機器はつながっていない。この分電盤のブレーカ(遮断器)が 1 系統だけで最大容量 20 A(アンペア)であるとき、安全に使用できるパソコンの最大数は何台か。ここで、パソコン 1 台の消費電力は 200 W(ワット)、 CRTディスプレイ 1 台の消費電力は 100 Wで、必ず一対で使用するものとする。また、商用電源や消費電力は一律で変化がないものとする。 ( H14年度春 問47 )


4
6
10
12



答え.イ



システムの運用・管理の観点から、システムライフの終わりと判断するには不適切なものはどれか。 ( H14年度春 問48 )


新しいバージョンのプログラムに対応できないケースが増えて、利用者の不満の声が大きくなってきた。
機能の追加や修正を何度も繰り返したことによって、プログラムが複雑化して、メンテナンス作業が大きな負担になってきた。
故障が増えて、メンテナンスパーツの入手にも期間がかかり、修復が遅れるようになってきた。
不正なアクセス、プログラムやデータの破壊、パスワードの盗難などが起きるようになってきた。



答え.エ



システム運用に関する記述のうち、最も適切なものはどれか。 ( H14年度春 問49 )


システム運用に関する問題や障害は、実際に発生してみないと分からない場合が多いので、事前の対策よりも、発生したときに対策を立てる方がよい。
システム運用を円滑に行うためには、オペレータの権限を強化し、障害時の対応判断をオペレータに任せることが望ましい。
システム運用を効率的かつ効果的に行うためには、開発部門や利用部門の参加を求めるよりも、運用部門だけで運用テストを行う方がよい。
システム稼働後でも変更が発生する可能性があるので、変更管理基準をあらかじめ定めておくことが望ましい。



答え.エ



ワープロの書式に関する記述のうち、タブの説明はどれか。 ( H14年度春 問50 )


印刷するとき、文章の上部や下部に印刷される特定の文字列をいう。
印刷するとき、用紙の上下左右に設ける余白などの幅のことである。
書式を整えるために、カーソルをあらかじめ定められたけた位置まで進める機能である。
文章の開始位置や行末位置を決めるもので、行頭揃えや行末揃えに使用する。



答え.ウ



データの伝送における暗号技術に関する記述のうち、適切なものはどれか。 ( H14年度春 問51 )


暗号化及び復号する際のかぎの方式として、主に“公開かぎ方式”と “比較かぎ方式”が使用されている。
データを暗号化して伝送することによって、情報の漏えい及びデータの破壊を防止できる。
電子決済や電子マネーでのユーザ認証に使われる電子署名には、公開かぎ方式を使った暗号技術が用いられる。
不特定多数の相手とデータを交換するときに適しているのは、共通かぎ方式を使った暗号化である。



答え.ウ



インターネットで公開されているソフトウェアに添付されている電子署名の目的はどれか。 ( H14年度春 問52 )


ソフトウェアが正しく動作することを保証する。
ソフトウェアの使用を特定の利用者に制限する。
ソフトウェアの著作者が自分の電子メールアドレスを利用者に知らせる。
ソフトウェアの内容が改ざんされていないことを確認する。



答え.エ



公開かぎ暗号方式を採用した電子商取引において、取引当事者から独立した認証局(CA)が作成するものはどれか。 ( H14年度春 問53 )


取引当事者の公開かぎ
取引当事者の電子証明書
取引当事者のパスワード
取引当事者の秘密かぎ



答え.イ



コンピュータウイルスの一種であるマクロウイルスに関する記述のうち、適切なものはどれか。 ( H14年度春 問54 )


実行形式のファイルでメールに添付されて送られるウイルス
ネットワークで接続されたコンピュータ間を自己複製しながら移動するウイルス
複数のウイルスを複合させた新たなウイルス
ワープロソフトや表計算ソフトのデータファイルに寄生するウイルス



答え.エ



ノート型パソコンの盗難によるハードディスク内データの漏えいに対処するために、重要なデータの取扱方法として、適切なものはどれか。 ( H14年度春 問55 )


圧縮して保存する。
暗号化して保存する。
バックアップを定期的にとる。
ファイルの属性を変更して保存する。



答え.イ



運用中のプログラムを改変し、特定の条件のときに実行される不正な命令を隠しておく手口に対して有効な対策はどれか。 ( H14年度春 問56 )


一時記憶領域にあるプログラムは、ジョブの終了時に確実に消去する。
実行用プログラムのバックアップコピーと本番に使用しているプログラムを定期的に突き合わせて、一致していることを確かめる。
全レコードの総合計欄の値が、各レコードのフィールド値を合計した値と一致していることを確認する。
データの各フィールドにチェックディジットを付加する。



答え.イ



“コンピュータウイルス対策基準”において、ウイルスを発見した場合にシステム管理者が行うべき事後対応の項目として、適切なものはどれか。 ( H14年度春 問57 )


アクセス履歴を記録し、一定期間保存する。
ウイルス感染の必要情報を経済産業省が指定する者に届ける。
システムにインストールされた全ソフトウェアの構成情報を保存する。
バックアップを行い、データを一定期間保管する。



答え.イ



経済産業省“ソフトウェア管理ガイドライン”の要求事項のうち、適切なものはどれか。 ( H14年度春 問58 )


ソフトウェア管理責任者が一括して、ソフトウェアのインストールを行うこと
ソフトウェア使用許諾契約の内容については、そのソフトウェアユーザ全員に周知徹底すること
ソフトウェアの不正使用を防止する観点から、ソフトウェア管理責任者は、フリーウェアの使用を促進すること
法人が保有するコンピュータに個人所有のソフトウェアをインストールして業務で使用することは、資産管理上及び安全上の観点から禁止すること



答え.イ



PDF(Portable Document Format)の特徴として、適切なものはどれか。 ( H14年度春 問59 )


印刷イメージを正しく表現できる“ページ記述言語”であるが、ファイルサイズが非常に大きくなる。
使用ソフトウェアに関係なく文書を流通させることができるが、書式を受け渡すことができない。
タグを含んだテキストファイルで、タグを用いて高度な検索が効果的に行える。
ワープロソフトなどで作成した文書の見栄えを保持でき、ファイルサイズを小さくできるが、元のソフトでの修正は行えなくなる。



答え.エ



ディジタル動画データの圧縮技術MPEG1の音声部分の圧縮アルゴリズムを使ったもので、インターネット上やポータブルプレーヤでも利用されている音声データの圧縮技術はどれか。 ( H14年度春 問60 )


JPEG
MIDI
MP3
WAVE



答え.ウ



専門性や職場での経験、スキルの修得状況を考慮して、各個人の将来設計を作成し、達成させていくことをねらいとした仕組みはどれか。 ( H14年度春 問62 )


CDP
MBO
OffJT
OJT



答え.ア



情報化を進める際に留意すべき点として、適切なものはどれか。 ( H14年度春 問63 )


業務の現状把握に当たっては、その業務に携わっている担当者よりも携わっていない第三者の意見を重視する。
情報化案の策定に当たっては、“何をやるか”よりも“どのようにやるか” というハウツーに重点をおく。
情報システムのハードウェア構成を決定してから、その構成にふさわしい情報化の方法を検討する。
立案した情報化案の評価に当たっては、投資対効果や実現の可能性だけでなく、新たな問題点の発生も観点に入れておく。



答え.エ



100 万円で購入した機械装置の減価償却を6年の定率法で実施すると、 1年目の減価償却額は約32万円である。 2年目の減価償却額は約何万円か。 ( H14年度春 問64 )


10
22
32
68



答え.イ



固定費を f 、変動費を v 、売上高を s としたとき、損益分岐点を求める式はどれか。 ( H14年度春 問66 )


f ×( 1 − v ÷ s )
f ÷( 1 − v ÷ s )
v ×( 1 − f ÷ s )
v ÷( 1 − f ÷ s )



答え.イ



購入価格 100 万円のパソコンLAN一式を、 5 年リースで利用したい。リース料率を 2 %としたときのリース料総額は何万円か。ここで、リース料率とは、購入価格に対する月額リース料の割合である。 ( H14年度春 問67 )


112
114
120
124



答え.ウ



図の使い方に関する記述のうち、適切なものはどれか。 ( H14年度春 問70 )


CPUの価格と性能の関係を示すために特性要因図を使う。
休日のシステム障害時の電話連絡の順序を示すためにガントチャートを使う。
製品の品質悪化の原因を把握するためにアローダイアグラムを使う。
物品購入の手続を示すためにフローチャートを使う。



答え.エ



製品Aを製造するために、固定費として 1000000 円、変動費として 400 円/個の費用が発生する。製品Aの設定価格を x 円とすると、期待販売数 y 個は、式 y =−30 x + 90000 で近似できることが分かっている。価格を 1000 円に設定したとき、期待できる利益は何円か。 ( H14年度春 問71 )


25000000
35000000
36000000
59000000



答え.イ



“制約条件下にある資源をどう配分したら最大の効果が得られるか”という問題を解く手法として、適切なものはどれか。 ( H14年度春 問72 )


カオス理論
ゲーム理論
実験計画法
線形計画法



答え.エ



SFA(Sales Force Automation)の基本機能の一つである、コンタクト管理について説明しているものはどれか。 ( H14年度春 問75 )


営業担当者からの問合せに対して迅速に回答することによって、営業効率を高める。
顧客への対応を営業担当者が単独で行うのではなく、営業組織全体で行うことによって受注率を向上させる。
顧客訪問日、営業結果などの履歴を管理し、見込客や既存客に対して効果的な営業活動を行う。
個人レベルで蓄積している営業テクニックを洗い出して共有化し、営業部門全体のレベル向上を図る。



答え.ウ



インターネットを利用した企業間取引において、取引データをそのまま起票したり、社内文書に変換したりすることが容易にできるマーク付け言語はどれか。 ( H14年度春 問76 )


HTML
SGML
UML
XML



答え.エ



著作権法によって保護の対象となり得るものはどれか。 ( H14年度春 問77 )


プログラム中のアイデア
プログラムに含まれているノウハウ
プログラムのアルゴリズム
プログラムの表現自体



答え.エ



日本において、工業所有権と総称される四つの権利はどれか。 ( H14年度春 問78 )


意匠権、実用新案権、商標権、特許権
意匠権、実用新案権、著作権、特許権
意匠権、商標権、著作権、特許権
実用新案権、商標権、著作権、特許権



答え.ア



不正アクセス禁止法で規定している、アクセス管理者のとるべき行為に該当するものはどれか。 ( H14年度春 問79 )


コンピュータ室の入退室を厳重に管理する。
使用するソフトウェアの管理台帳を厳密に管理する。
パスワードを厳重に管理する。
日々のデータバックアップ作業を厳重に管理する。



答え.ウ



刑法の電磁的記録不正作出罪でいう電磁的記録に含まれないものはどれか。 ( H14年度春 問80 )


ICメモリ
テレフォンカード
バーコード
光ディスク



答え.ウ