基本情報の過去問

    問題選択:    答え表示形式 表示隠す 


全検索 



16 進数の小数 0.248 を 10 進数の分数で表したものはどれか。 ( H16年度秋 問1 )


31/32
31/125
31/512
73/512



答え.エ



16 進小数 0.FEDC を 4 倍したものはどれか。 ( H16年度秋 問3 )


1.FDB8
2.FB78
3.FB70
F.EDC0



答え.ウ



浮動小数点表示において、仮数部の最上位けたが 0 以外になるように、けた合わせする操作はどれか。ここで、仮数部の表現方法は、絶対値表現とする。 ( H16年度秋 問4 )


切上げ
切捨て
けた上げ
正規化



答え.エ



事象 A と事象 B が独立であるときに成立する式はどれか。ここで、 P ( X ) は事象 X が起こる確率を表し、 X ∪ Y 及び X ∩ Y はそれぞれ事象 X と事象 Y の和事象及び積事象を表す。 ( H16年度秋 問5 )


P ( A ∪ B ) = P ( A )・ P ( B )
P ( A ∪ B ) = P ( A )+ P ( B )
P ( A ∩ B ) = P ( A )・ P ( B )
P ( A ∩ B ) = P ( A )+ P ( B )



答え.ウ



さいころを投げて、出た目に応じて得点するゲームを行う。出た目が 1 〜 4 の場合はその目を得点とし、目が 5、6 の場合は得点はない。さいころを 1 回投げたときの得点の期待値は幾らか。 ( H16年度秋 問6 )


5/3
7/3
5/2
20/3



答え.ア



8 ビットのデータの下位 2 ビットを変化させずに、上位 6 ビットのすべてを反転させる論理演算はどれか。 ( H16年度秋 問8 )


16 進数 03 と排他的論理和をとる。
16 進数 03 と論理和をとる。
16 進数 FC と排他的論理和をとる。
16 進数 FC と論理和をとる。



答え.ウ



クイックソートの処理方法を説明したものはどれか。 ( H16年度秋 問13 )


既に整列済みのデータ列の正しい位置に、データを追加する操作を繰り返していく方法である。
データ中の最小値を求め、次にそれを除いた部分の中から最小値を求める。この操作を繰り返していく方法である。
適当な基準値を選び、それより小さな値のグループと大きな値のグループにデータを分割する。同様にして、グループの中で基準値を選び、それぞれのグループを分割する。この操作を繰り返していく方法である。
隣り合ったデータの比較と入替えを繰り返すことによって、小さな値のデータを次第に端の方に移していく方法である。



答え.ウ



DRAM の説明として、適切なものはどれか。 ( H16年度秋 問16 )


コンデンサに電荷を蓄えた状態か否かによって 1 ビットを表現する。主記憶としてよく用いられる。
製造時にデータが書き込まれる。マイクロプログラム格納用メモリとして用いられる。
専用の装置でデータを書き込むことができ、紫外線照射で消去ができる。
フリップフロップで構成され、高速であるが製造コストが高い。キャッシュメモリなどに用いられる。



答え.ア



1 GHzで動作する CPU がある。この CPU は、機械語の 1 命令を平均 0.8 クロックで実行できることが分かっている。この CPU は 1 秒間に約何万命令実行できるか。 ( H16年度秋 問19 )


125
250
80000
125000



答え.エ



外部割込みが発生するものはどれか。 ( H16年度秋 問20 )


仮想記憶管理での、主記憶に存在しないページヘのアクセス
システムコール命令の実行
ゼロによる除算
入出力動作の終了



答え.エ



キャッシュメモリに関する記述のうち、適切なものはどれか。 ( H16年度秋 問21 )


書込み命令が実行されたときに、キャッシュメモリと主記憶の両方を書き換える方式と、キャッシュメモリだけを書き換えておき、主記憶の書換えはブロックの入替え時に行う方式とがある。
キャッシュメモリは、実記憶と仮想記憶のメモリ容量の差を埋めるために採用される。
主記憶へのアクセスでキャッシュメモリにヒットしないと割込みが生じ、プログラムによって主記憶からキャッシュメモリへデータが転送される。
半導体メモリのアクセス速度の向上が著しいので、キャッシュメモリの必要性は減っている。



答え.ア



メモリインタリーブの説明のうち、適切なものはどれか。 ( H16年度秋 問23 )


新しい情報をキャッシュメモリに取り出すとき、キャッシュ上では不要になった情報を主記憶に書き込む。
主記憶のアクセス時間と磁気ディスクのアクセス時間とのギャップを補う。
主記憶の更新と同時にキャッシュメモリの更新を行う。
主記憶を幾つかの区画に分割し、連続したメモリへのアクセスを高速化する。



答え.エ



1 セクタが 512 バイトの磁気ディスクを、28 ビットで表すセクタ番号で管理するとき、最大何 G バイトの容量まで管理できることになるか。ここで、512×221 を 1 G バイトとする。 ( H16年度秋 問24 )


32
64
128
256



答え.ウ



並列にアクセス可能な複数台の磁気ディスクに、各ファイルのデータをセクタ単位で分散配置し、ファイルアクセスの高速化を図る手法はどれか。 ( H16年度秋 問25 )


ディスクアットワンス
ディスクキャッシュ
ディスクストライピング
ディスクミラーリング



答え.ウ



データを読み取るときに磁気を使用しない記憶装置はどれか。 ( H16年度秋 問26 )


磁気ディスク
磁気テープ
光磁気ディスク 
フロッピーディスク



答え.ウ



携帯情報端末( PDA )同士や、PDA とノート型パソコンとの間でデータ交換を行う場合に使われる、赤外線を用いたデータ転送の規格はどれか。 ( H16年度秋 問27 )


IEEE 1394
IrDA
PIAFS
RS-232C



答え.イ



電圧を加えると自ら発光するのでバックライトが不要なディスプレイであり、低電圧駆動、低消費電力を特徴とするものはどれか。 ( H16年度秋 問28 )


CRT
PDP
TFT 液晶
有機 EL



答え.エ



データ転送速度が 15 M バイト/秒の PC カードを用いるとき、 1000 × 750 画素の画像は、1 秒間に約何枚転送できるか。ここで、画像は圧縮せず、1 画素は 24 ビットで表すものとする。 ( H16年度秋 問29 )


0.8
5
6.7
20



答え.ウ



仮想記憶管理のページ入替え方式のうち、最後に使われてからの経過時間が最も長いページを入れ替えるものはどれか。 ( H16年度秋 問30 )


FIFO
LFU
LIFO
LRU



答え.エ



スプーリング機能の説明として、適切なものはどれか。 ( H16年度秋 問31 )


あるタスクを実行しているときに、入出力命令の実行によって CPU がアイドル状態になると、ほかのタスクに CPU を割り当てる。
実行中のプログラムを一時中断して、制御プログラムに制御を移す。
主記憶装置と低速の入出力装置との間のデータ転送を、補助記憶装置を介して行うことによって、システム全体の処理能力を高める。
多数のバッファからなるバッファプールを用意し、主記憶にあるバッファをアクセスする確率を増すことによって、アクセス時間を短縮する。



答え.ウ



記憶領域の動的な割当て及び解放を繰り返すことによって、どこからも利用されない記憶領域が発生することがある。このような記憶領域を再び利用可能にする処理はどれか。 ( H16年度秋 問32 )


ガーベジコレクション
スタック
ヒープ 
フラグメンテーション



答え.ア



マルチプロセッサ環境で動作する OS の特徴に関する記述のうち、適切なものはどれか。 ( H16年度秋 問33 )


疎結合マルチプロセッサシステムでは、主記憶とデータを共有する。
疎結合マルチプロセッサシステムでは、主記憶に存在する物理的に一つの OS によって制御される。
密結合マルチプロセッサシステムでは、各タスクはどのプロセッサでも実行できるので、タスク間で同期をとる機能が必要になる。
密結合マルチプロセッサシステムでは、主にジョブやトランザクションなどの一まとまりの仕事の単位で負荷配分が行われる。



答え.ウ



シノニムレコードの発生する可能性があるファイルアクセスはどれか。 ( H16年度秋 問34 )


区分編成ファイルへのレコードの追加
索引順編成ファイルのレコードの更新
順編成ファイルのレコードの更新
直接編成ファイルへのレコードの追加



答え.エ



ファイルの格納に関する記述のうち、アーカイブの説明として適切なものはどれか。 ( H16年度秋 問35 )


主記憶における特定のデータやレジスタの値などを一時的にほかの記憶装置に格納する。
同一のファイルを二つのディスクにコピーし、データ保存の信頼性を確保する。
ファイルの更新履歴を磁気ディスク装置に格納する。
複数のファイルを一つのファイルにまとめて、記憶装置に格納する。



答え.エ



デュアルシステムに関する記述として、適切なものはどれか。 ( H16年度秋 問36 )


同じ処理を行うシステムを二重に用意し、処理結果を照合することで処理の正しさを確認する。どちらかのシステムに障害が発生した場合は、縮退運転によって処理を継続する。
オンライン処理を行う現用系と、バッチ処理などを行いながら待機させる待機系システムを用意し、現用系に障害が発生した場合は、待機系に切り替え、オンライン処理を続行する。
待機系のシステムに現用系のオンライン処理プログラムをロードして待機させておき、現用系に障害が発生した場合は、即時に待機系に切り替えて処理を続行する。
プロセッサ、メモリ、チャネル、電源系などを二重に用意しておき、それぞれの装置で片方に障害が発生した場合でも、処理を継続する。



答え.ア



スループットに関する記述のうち、適切なものはどれか。 ( H16年度秋 問37 )


ジョブとジョブの実行の間にオペレータが介入することによってシステムに遊休時間が生じても、スループットには影響を及ぼさない。
スループットは CPU 性能の指標であり、入出力の速度、オーバヘッド時間などによって影響を受けない。
多重プログラミングはターンアラウンドタイムの短縮に貢献するが、スループットの向上にはあまり役立たない。
プリンタへの出力を一時的に磁気ディスク装置へ保存するスプーリングは、スループットの向上に役立つ。



答え.エ



A 社では、1000 台のパソコンを使用している。これらのパソコンについて、平均故障台数を 20 日間で 2 台以下に抑えたい。これらのパソコンの MTBF は少なくとも何時間必要か。ここで、パソコンの平均使用時間は 1 日 8 時間とする。 ( H16年度秋 問38 )


8000
20000
80000
160000



答え.ウ



インターネットに関係するプロトコルや言語に関する記述のうち、適切なものはどれか。 ( H16年度秋 問40 )


FTP は、電子メールにファイルを添付して転送するためのプロトコルである。
HTML は、文書の論理構造を表すタグをユーザが定義できる言語である。
HTTP は、HTML 文書などを転送するためのプロトコルである。
SMTP は、画像情報を送受信するためのプロトコルである。



答え.ウ



プログラムの制御構造に関する記述のうち、適切なものはどれか。 ( H16年度秋 問41 )


“後判定繰返し”は、繰返し処理の先頭で終了条件の判定を行う。
“双岐選択”は、前の処理に戻るか、次の処理に進むかを選択する。
“多岐選択”は、二つ以上の処理を並列に行う。
“前判定繰返し”は、繰返し処理の本体を 1 回も実行しないことがある。



答え.エ



再帰的プログラムの特徴として、最も適切なものはどれか。 ( H16年度秋 問42 )


一度実行した後、ロードし直さずに再び実行を繰り返しても、正しい結果が得られる。
実行中に自分自身を呼び出すことができる。
主記憶上のどこのアドレスに配置しても、実行することができる。
同時に複数のタスクが共有して実行しても、正しい結果が得られる。



答え.イ



言語プロセッサに関する記述のうち、適切なものはどれか。 ( H16年度秋 問43 )


アセンブラは、ある処理系用に書かれた原始プログラムを、ほかの処理系用の原始プログラムに変換する。
インタプリタは、ほかのコンピュータ用のプログラムを解読し、実行するマイクロプログラムである。
ジェネレータは、入力・処理・出力などの必要な条件をパラメタで指示することによって、処理目的に応じたプログラムを生成する。
トランスレータは、高水準言語で書かれたプログラムを、解釈しながら実行する。



答え.ウ



Web 環境での動的処理を実現するプログラムであって、Web サーバだけで動作するものはどれか。 ( H16年度秋 問45 )


JavaScript
Java アプレット
Javaサーブレット
VBScript



答え.ウ



プログラミングツールに関する記述のうち、適切なものはどれか。 ( H16年度秋 問47 )


デバッグ時にデータ構造の内容を確認するためのツールをインスペクタという。
プログラム単位の機能説明や定義を容易に探索するためのツールをトレーサという。
プログラム内又はプログラム間の実行経路を確認するためのツールをシミュレータという。
プログラムのソースコードを編集するために、文字の挿入、削除、置換えなどの機能をもつツールをブラウザという。



答え.ア



オープンソースに関する記述として、適切なものはどれか。 ( H16年度秋 問48 )


一定の条件の下で、ソースコードの変更を許している。
使用分野とユーザを制限して再配布できる。
著作権は、放棄されている。
無償で配布されなければならない。



答え.ア



システム開発において、UML で用いられる図式はどれか。 ( H16年度秋 問50 )


DFD
E-R 図
クラス図
流れ図



答え.ウ



モジュール結合度が最も弱いモジュールはどれか。 ( H16年度秋 問51 )


単一のデータ項目を大域的データで受け渡すモジュール
単一のデータ項目を引数で受け渡すモジュール
データ構造を大域的データで受け渡すモジュール
データ構造を引数で受け渡すモジュール



答え.イ



モジュールテストで使用されるドライバ又はスタブの機能に関する記述のうち、適切なものはどれか。 ( H16年度秋 問52 )


スタブは、テスト対象モジュールからの戻り値を表示・印刷する。
スタブは、テスト対象モジュールを呼び出すモジュールである。
ドライバは、テスト対象モジュールから呼び出されるモジュールである。
ドライバは、テスト対象モジュールに引数を渡して呼び出す。



答え.エ



モジュール単体テストに関する記述として、最も適切なものはどれか。 ( H16年度秋 問53 )


通常はコーディングを行ったプログラマではなく、専任のテスト要員がテストケースを作成し、実行する。
モジュール間インタフェースは、モジュール単体ではテストできないので、単体テストの対象外となる。
モジュール設計書は、正しいことが検証済みであるので、テスト結果に問題があるときは、テストケース又はモジュールに誤りがある。
モジュール設計書を見ながら、原則としてすべてのロジックパスを一度は通るようなテストケースによって、検証を行う。



答え.エ



ある開発プロジェクトの全体の開発工数の見積りは 88 人月である。作業を開始した 1 月から 5 月までは各月 10 名を投入したが、5 月末時点で 40 人月分の作業しか完了していない。 8 月末までにこのプロジェクトを完了するためには、6 月以降あと何名の追加要員が必要か。ここで、6 月以降のすべての要員の作業効率は、5 月までの要員と同じであるものとする。 ( H16年度秋 問56 )


6
10
16
20



答え.イ



データベースの障害に備えて作成するバックアップファイルの管理として、適切なものはどれか。 ( H16年度秋 問57 )


定期的にデータベース全体のバックアップファイルを新しい媒体に作成し、毎日、変更のあったデータだけの差分バックアップファイルを別の媒体に作成している。
データベースには重要なデータが格納されているので、そのバックアップファイルが悪用されないように、媒体にはラベルを付けないで保管している。
バックアップファイルの作成は、データベースを更新した人に、その都度行ってもらっている。
バックアップファイルを作成するときは、直前のバックアップファイルを格納した媒体に上書きするようにしている。



答え.ア



運用中のデータベースに対し、定期的に再編成処理を行う目的はどれか。 ( H16年度秋 問58 )


一度登録したキーのレコードは、削除してしまうと再登録できず、不便である。キーの整理を行って、一度削除したキーを再利用できるようにするために行う。
データベース内のレコードを更新するたびに新しいレコードが作られ、データベース容量が増大し、処理速度が低下する。複数になった更新レコードを一つにまとめて、処理速度を回復させるために行う。
データベースに対し、追加、更新、削除を繰り返すと、再利用されない領域が発生し、データベース容量の増大と処理速度の低下を招く。不連続な空き領域を整理して、性能劣化を回避するために行う。
データベースの利用を進めていく過程で、データ項目の追加などデータベースの定義の一部を変更しなければならない事態が発生する。データベースの定義を変更し、データベースを再利用できるようにするために行う。



答え.ウ



システムの一斉移行方式の特徴に関する記述として、適切なものはどれか。 ( H16年度秋 問59 )


運用方法はシステム稼働後に段階的に周知されるので、利用者の混乱が避けられる。
システム規模が小さい場合に行われ、移行に失敗した場合の影響範囲を限定することができる。
新旧システムを並行して運用することによる作業の二重負担を避けることができ、経済的効果が大きい。
新システムの処理結果と従来システムの処理結果を比較しながら運用することができ、問題がなければ比較作業を一斉にやめて新システムに移行できる。



答え.ウ



クライアント管理ツールに備わっている機能のうち、業務に無関係なソフトウェアがインストールされていないことを確認するのに最も有効なものはどれか。 ( H16年度秋 問60 )


インベントリ収集
遠隔操作
ソフトウェア配信
ライフサイクル管理



答え.ア



IP アドレスに関する記述のうち、サブネットマスクの説明はどれか。 ( H16年度秋 問61 )


外部のネットワークへアクセスする際に、ゲートウェイが一つの IP アドレスを、複数のリンクで共用させるために使用する情報である。
クラスA 〜 D を識別するために使用する4ビットの情報である。
ネットワーク内にあるすべてのノードに対して、同一の情報を送信するために使用される情報である。
ホストアドレス部の情報を分割し、複数のより小さいネットワークを形成するために使用する情報である。



答え.エ



利用者のパソコンから電子メールを送信するときや、メールサーバ間で電子メールを転送するときに使われるプロトコルはどれか。 ( H16年度秋 問62 )


IMAP
MIME
POP3
SMTP



答え.エ



調歩同期式(スタートストップ方式)のデータ伝送において偶数パリティによる誤り検出方式を用いて、文字T( JIS 7 単位符号 1010100 )を送出した。正しく受信したときのビット列はどれか。ここで、送出はスタートビット( 0 )、文字の低位ビットから高位ビット、パリティビット、ストップビット( 1 )の順とし、受信したビットを左から順に記す。 ( H16年度秋 問63 )


0001010101
0001010111
1001010110
1001010111



答え.イ



制御用符号を含む長さ 400 バイトのデータを1時間当たり 3600 件送信したい。伝送効率が 60 %であるとき、要件を満足する最低の回線速度は何ビット/秒か。 ( H16年度秋 問64 )


2400
4800
9600
14400



答え.ウ



DNS サーバの役割の説明として、適切なものはどれか。 ( H16年度秋 問65 )


IP アドレスを動的にクライアントに割り当てる。
一度アクセスした Web ページなどをキャッシュに記憶して、Web サーバに代わってクライアントに応答する。
外部から社内ネットワーク(イントラネット)へのダイヤルアップ接続を可能にする。
ホスト名、ドメイン名を IP アドレスに対応させる。



答え.エ



ルータの機能に関する記述として、適切なものはどれか。 ( H16年度秋 問66 )


LAN 同士や LAN とWAN を接続して、ネットワーク層での中継処理を行う。
データ伝送媒体上の信号を物理層で増幅して中継する。
データリンク層でネットワーク同士を接続する。
二つ以上の LAN を接続し、 LAN 上の MAC アドレスを参照して、データフレームをほかのセグメントに流すかどうかの判断を行う。



答え.ア



データの正規化に関する記述として、適切なものはどれか。 ( H16年度秋 問67 )


関係データベース特有のデータベース構築技法であり、データの信頼性と格納効率の向上を目的とする。
データベースの運用管理を容易にするために、レコードをできるだけ短く分割する構造化の技法である。
ファイルに格納するデータの冗長性をなくすことによって、アクセス効率を向上させるチューニングの技法である。
ファイルやデータベースの論理的なデータ構造を設計する際の技法であり、データの矛盾や重複を排除することを目的とする。



答え.エ



データベースシステムにおいて、複数のトランザクション処理プログラムが同一データベースを同時に更新する場合、論理的な矛盾を生じさせないために用いる技法はどれか。 ( H16年度秋 問69 )


再編成
正規化
整合性制約
排他制御



答え.エ



ファイアウォールのパケットフィルタリング機能に関する記述のうち、適切なものはどれか。 ( H16年度秋 問72 )


インターネットから受け取ったパケットに改ざんがある場合は修正し、改ざんが修正できない場合には、ログを取って内部ネットワークへの通過を阻止する。
インターネットから受け取ったパケットのヘッダ部分及びデータ部分に、改ざんがあるかどうかをチェックし、改ざんがあった場合にはそのパケットを除去する。
動的に割り振られた TCP ポート番号をもったパケットを、受信側で固定値の TCP ポート番号をもったパケットに変更して、内部ネットワークへの通過を許可する。
特定の TCP ポート番号をもったパケットだけに、インターネットから内部ネットワークへの通過を許可する。



答え.エ



コンピュータで使われている文字符号の説明のうち、適切なものはどれか。 ( H16年度秋 問73 )


ASCII 符号はアルファベット、数字、特殊文字及び制御文字からなり、漢字に関する規定はない。
EUC は文字符号の世界標準を作成しようとして考案された 16 ビット以上の符号体系であり、漢字に関する規定はない。
Unicode は文字の 1 バイト目で漢字かどうかが分かるようにする目的で制定され、漢字を ASCII 符号と混在可能とした符号体系である。
シフト JIS 符号は UNIX における多言語対応の一環として制定され、ISO として標準化されている。



答え.ア



ERPパッケージを導入して、基幹業務システムを再構築する場合の留意点はどれか。 ( H16年度秋 問74 )


各業務システムを段階的に導入するのではなく、必要なすべての業務システムを同時に導入し稼働させることが重要である。
現場部門のユーザの意見を十分に尊重し、現行業務プロセスと合致するようにパッケージのカスタマイズを行うことが重要である。
最初に会計システムを導入し、その後でほかの業務システムを導入することが重要である。
パッケージが前提としている業務モデルに配慮して、会社全体の業務プロセスを再設計することが重要である。



答え.エ



特性要因図に関する記述として、適切なものはどれか。 ( H16年度秋 問76 )


作業の前後関係を整理して矢印で結んだネットワークを作成し、工程上のネックを発見して日程計画に役立てる。
中央線と上下一対の限界線を引いてデータをプロットし、品質不良や工程の異常を検出して不良原因の除去や再発防止に役立てる。
不良品などの件数や損失金額を原因別に分類し、大きい順に並べて累計することによって改善効果の高い項目を把握する。
問題に対し原因と考えられる要素を魚の骨のような形状に整理し、本質的な原因を追求して解決に役立てる。



答え.エ



情報バリアフリーに該当するものはどれか。 ( H16年度秋 問79 )


音声や手書き文字などの限られた手段でしか入力できない場合でも、情報機器を活用することができる環境
携帯電話や自動車電話のように、利用者が移動しながら通信端末を利用することができる環境
情報通信手段の活用によって、通勤時の時間的・精神的なロスのない勤務形態を実現できる環境
モバイルコンピューティング、ホームネットワークなどによって、個人がシームレスにコンピュータを利用できる環境



答え.ア



著作権法に関する記述のうち、適切なものはどれか。 ( H16年度秋 問80 )


M 社の業務プログラムは、分析から製造までの一切を N 社が請け負って開発した。特段の契約条件がなければ、このプログラムの著作者は M 社である。
既存のプログラムのアイディアだけを利用して、同一目的のプログラムすべてを新たに作成した場合でも、著作権の侵害になる。
著作権及び著作者人格権は、他人に譲渡することができる。
日本国内においては、著作物に著作権表示が明記されていない場合でも、無断で複製して配布したときには著作権の侵害になる。



答え.エ