基本情報の過去問

    問題選択:    答え表示形式 表示隠す 


全検索 



10 進数の 0.6875 を 2 進数で表したものはどれか。 ( H15年度春 問1 )


0.1001
0.1011
0.1101
0.1111



答え.イ



数値を 2 進数で格納するレジスタがある。このレジスタに正の整数 x を入れた後、“レジスタの値を 2 ビット左にシフトして、これに x を加える”操作を行うと、レジスタの値はxの何倍になるか。ここで、シフトによるあふれ(オーバフロー)は、発生しないものとする。 ( H15年度春 問2 )


3
4
5
6



答え.ウ



負数を 2 の補数で表すとき、 8 けたの 2 進数nに対し−nを求める式はどれか。ここで、+は加算を表し、OR、XORは、それぞれビットごとの論理和、排他的論理和を表す。 ( H15年度春 問3 )


(n OR 10000000) + 00000001
(n OR 11111110) + 11111111
(n XOR 10000000) + 11111111 
(n XOR 11111111) + 00000001



答え.エ



浮動小数点演算において、絶対値の大きな数と絶対値の小さな数の加減算を行ったとき、絶対値の小さな数の有効けたの一部又は全部が結果に反映されないことを何というか。 ( H15年度春 問4 )


打切り誤差
けた落ち
情報落ち
絶対誤差



答え.ウ



SRAMと比較した場合のDRAMの特徴はどれか。 ( H15年度春 問16 )


SRAMよりも高速なアクセスが実現できる。
データを保持するためのリフレッシュ動作が不要である。
内部構成が複雑になるので、ビット当たりの単価が高くなる。
ビット当たりの面積を小さくできるので、高集積化に適している。



答え.エ



CPUのパイプライン処理を有効に機能させるプログラミング方法はどれか。 ( H15年度春 問17 )


サブルーチンの数をできるだけ多くする。
条件によって実行する文が変わるCASE文を多くする。
分岐命令を少なくする。
メモリアクセス命令を少なくする



答え.ウ



パソコンのCPUのクロック周波数に関する記述のうち、適切なものはどれか。 ( H15年度春 問20 )


クロック周波数は、CPUの命令実行タイミングを制御するので、クロック周波数が高くなるほどパソコンの命令実行速度が向上する。
クロック周波数は、磁気ディスクの回転数にも影響を与えるので、クロック周波数が高くなるほど回転数が高くなり、磁気ディスクの転送速度が向上する。
クロック周波数は、通信速度も制御するので、クロック周波数が高くなるほど LANの通信速度が向上する。
クロック周波数は、パソコンの内部時計の基準となるので、クロック周波数が2倍になると、割込み間隔が1/2になり、リアルタイム処理の処理速度が向上する。



答え.ア



プロセッサが割込みを発生するのはどの場合か。 ( H15年度春 問21 )


インタリーブ方式によるメモリバンクの切替え完了
キャッシュメモリに対するヒットミスの発生
入出力開始命令の実行
浮動小数点演算命令実行によるあふれ(オーバフロー)の発生



答え.エ



一つのファイルは磁気ディスク上の連続した領域に記録されているのが理想であるといわれる。その理由として、適切なものはどれか。 ( H15年度春 問24 )


磁気ディスク上にデータの記録されていない部分がなくなり、全領域が利用できる。
ファイルの管理情報を格納する領域が少なくなり、その分ユーザが多く利用できる。
分割した領域に記録する場合と比較して、読取りエラーが少なくなる。
連続してデータを読み取る場合、磁気ヘッドの動きが少なくなるので、読取り時間が短くなる。



答え.エ



500バイトのセクタ8個を1ブロックとして、ブロック単位でファイルの領域を割り当てて管理しているシステムがある。 2000バイト及び9000バイトのファイルを保存するとき、これら二つのファイルに割り当てられるセクタ数の合計は幾らか。ここで、ディレクトリなどの管理情報が占めるセクタは考慮しないものとする。 ( H15年度春 問25 )


22
26
28
32



答え.エ



RAIDに関する記述として、適切なものはどれか。 ( H15年度春 問26 )


少なくとも2台の磁気ディスク装置を一体化してバックアップの自動化を実現する技術である。
半導体メモリを使って高速アクセス可能な磁気ディスク装置を仮想的に実現する技術である。
複数の磁気ディスク装置を使うことによって、記憶装置の高信頼性や高速化を実現する技術である。
ランダムアクセス機能をもつ磁気ディスク装置を実現する技術である。



答え.ウ



磁化されているディスクの記録膜に、レーザ光を照射して熱した状態で、磁化の方向を変えることによって情報を記録する媒体はどれか。 ( H15年度春 問27 )


CD-R
DVD
LD
MO



答え.エ



多くの周辺機器を、ハブを使ってツリー状に接続できるインタフェース規格はどれか。 ( H15年度春 問28 )


IDE
RS-232C
SCSI 
USB



答え.エ



横 1600 ドット、縦 1200 ドットで、24 ビットのカラー情報をもつ画像を撮影できるディジタルカメラがある。このカメラに 8 Mバイトの記録用メモリを使用すると、何枚の画像を記録できるか。ここで、画像は圧縮しないものとする。 ( H15年度春 問29 )


1
4
11
15



答え.ア



あるアプリケーションから見て、OSのオーバヘッドと特定できるものはどれか。 ( H15年度春 問34 )


アプリケーションの割込み処理の実行時間
タスクスケジューラの実行時間
ほかのアプリケーションの実行時間
リエントラントプログラムの実行時間



答え.イ



直接編成ファイルの特徴に関する記述として、適切なものはどれか。 ( H15年度春 問35 )


シーケンシャルアクセスにもランダムアクセスにも適している。
シノニムレコードが発生する可能性がある。
同一レコードに対して複数のキーを与えることができる。
レコードの挿入はできない。



答え.イ



クライアントサーバシステムの特徴に関する記述のうち、適切なものはどれか。 ( H15年度春 問36 )


クライアントとサーバのOSは、同一種類にする必要がある。
サーバはデータ処理要求を出し、クライアントはその要求を処理する。
サーバは、必要に応じて処理の一部を更に別のサーバに要求するためのクライアント機能をもつことができる。
サーバは、ファイルサーバやプリントサーバなど、機能ごとに別のコンピュータに分ける必要がある。



答え.ウ



複数のコンピュータを組み合わせて一つの信頼性の高いシステムを構築する方式であって、システムの一部で障害が発生しても、ほかのコンピュータに処理を肩代わりさせることによって、システム全体の停止を防止できるようにしたものはどれか。 ( H15年度春 問37 )


クラスタリング
コールドスタンバイ
ホットスワップ
ミラーリング



答え.ア



システムの性能評価に関する指標のうち、主記憶の競合状態を最もよく表すものはどれか。 ( H15年度春 問38 )


実行待ち時間
トランザクション応答時間
ページング発生頻度
メモリ使用率



答え.ウ



MTBFが1500時間、MTTRが500時間であるコンピュータシステムの稼働率を1.25倍に向上させたい。 MTTRを幾らにすればよいか。 ( H15年度春 問39 )


100
125
250
375



答え.ア



ADSLに関する記述として、適切なものはどれか。 ( H15年度春 問40 )


既存の電話回線(ツイストペア線)を利用して、上り下りの速度が異なる高速データ伝送を行う。
電話音声とデータはターミナルアダプタ(TA)で分離し、1本の回線での共有を実現する。
電話音声とデータを時分割多重して伝送する。
光ファイバケーブルを住宅まで敷設し、電話やISDN、データ通信などの各種通信サービスを提供する。



答え.ア



あるプログラムモジュールが、複数のタスクの要求に応じて同時・並行的に実行可能である場合、この性質を何というか。 ( H15年度春 問41 )


再使用可能
再入可能
静的再配置可能
動的再配置可能



答え.イ



本来は小さいアプリケーションプログラムの意味であるが、現在では、コンパイル済みのオブジェクトコードがサーバに格納されていて、クライアントからの要求によってクライアントへ転送され実行されるものを指すようになっている。このようなプログラムを何というか。 ( H15年度春 問42 )


アプレット
サーブレット
スクリプト
スレッド



答え.ア



動的リンキングの機能はどれか。 ( H15年度春 問43 )


プログラム実行時に、共用ライブラリやシステムライブラリのモジュールをロードする。
プログラム実行時に、適切なアドレスに目的プログラムをロードする。
プログラム実行時に、読み込まれたページの論理アドレスを物理アドレスに変換する。
プログラムの実行に先立って、複数の目的プログラムを連係編集(リンケージエディット)する。



答え.ア



XMLに関する記述として、適切なものはどれか。 ( H15年度春 問44 )


C++を基本としたオブジェクト指向言語
テキスト処理用のインタプリタ言語であり、 Webサーバ上で動くCGI(Common Gateway Interface)プログラムの標準言語
デスクトップパブリッシングの標準的なページ記述言語
データの構造や意味をタグを用いて表現する言語



答え.エ



上流CASEツールに分類されるものはどれか。 ( H15年度春 問45 )


システム設計支援ツール
テストデータ生成ツール
プログラム自動生成ツール
プロジェクト管理ツール



答え.ア



ウォータフォールモデルの特徴のうち、システム開発の一貫性を保証するものはどれか。 ( H15年度春 問46 )


原則として、開発工程の後戻りは許さない。
システム開発を複数の工程に分割して管理する。
プロジェクトの組織作りが必要不可欠である
前工程から引き渡された成果物を基に、次工程の開発作業を行う。



答え.ア



構造化分析におけるDFDに関する記述として、適切なものはどれか。 ( H15年度春 問47 )


システムの取り得る状態を円で表し、ある状態から次の状態への遷移を矢印で表す図である。
処理の流れ、処理対象のデータ、使用する装置などを表す図である。
要求された機能を幾つかの単位に分割して、その単位間のデータの流れを表す図である。
レコードを長方形の箱で表し、各レコードの関係を矢印で表す図である。



答え.ウ



状態遷移図を用いて設計を行うことが最も適しているシステムはどれか。 ( H15年度春 問48 )


月末及び決算時の棚卸資産を集計処理する在庫棚卸システム
システム資源の稼働状態を計測し、レポートとして出力するシステム資源稼働状態計測システム
水道の検針データから料金を計算する水道料金計算システム
設置したセンサの情報から、温室内の環境を最適に保つ温室制御システム



答え.エ



オブジェクト指向に関する記述として、適切なものはどれか。 ( H15年度春 問49 )


オブジェクト指向は、複雑なシステムの開発よりも単純なシステムの開発に適した技法である。
オブジェクトとは、データと手続を一体化したものである。
機能に着目する分析設計法であり、機能を数学的な関数又は手続として表したものである。
属性や機能は、引き継ぐことはできず、各オブジェクト固有のものである。



答え.イ



あるプログラム言語の解説書の中に次の記述がある。この記述中の“良いプログラム”がもっている特徴として、適切なものはどれか。このプログラム言語では、関数を呼び出すときに引数を保持するためにスタックが使用される。引数で受け渡すデータを、多くの関数から参照できる共通域に移せば、スタックの使用量を減らすことができるが、“良いプログラム”からは外れることもある。  ( H15年度春 問50 )


実行するときのメモリの使用量が、一定以下に必ず収まる。
実行速度について、最適化が行われている。
プログラムの一部を変更しても、残りの部分への影響が少ない。
プログラムのステップ数が少なく、分かりやすい。



答え.ウ



ソフトウェア開発におけるテスト技法のうち、ブラックボックステストに関する記述として、適切なものはどれか。 ( H15年度春 問51 )


原始プログラムを解析し、プログラムの制御の流れと変数などのデータの流れをテストするものであり、主にプログラム開発者以外の第三者が実施する。
プログラムが設計者の意図した機能を実現しているかどうかのテストであり、主にプログラム開発者以外の第三者が実施する。
プログラムのすべての命令が最低1回は実行されることを目的とするテストであり、主にプログラム開発者自身が実施する。
プログラムの内部構造や論理が記述された内部仕様書に基づくテストであり、主にプログラム開発者自身が実施する。



答え.イ



デザインレビューを実施するねらいとして、適切なものはどれか。 ( H15年度春 問52 )


開発スケジュールを見直し、実現可能なスケジュールに変更する。
仕様の不備や誤りを早期に発見し、手戻り工数の削減を図る。
設計工程での誤りの混入を防止し、テストを簡略化して、開発効率の向上を図る。
設計の品質を向上させることで、開発規模見積りの精度の向上を図る。



答え.イ



構造化プログラミングにおいて、プログラムを作成するときに用いる三つの制御構造はどれか。 ( H15年度春 問53 )


繰返し、再帰、順次
繰返し、再帰、選択
繰返し、順次、選択
再帰、順次、選択



答え.ウ



システムテスト工程で実施するテストはどれか。 ( H15年度春 問54 )


負荷テスト
モジュール間のインタフェーステスト
モジュール仕様書に基づいた動作確認テスト
レグレッションテスト



答え.ア



ファンクションポイント法に関する説明として、最も適切なものはどれか。 ( H15年度春 問56 )


開発規模と難易度や開発の特性による要因を考慮し、工数やコストを見積もる手法である。
システム開発の工程を細かい作業に分割し、分割された個々の作業を詳細に見積もり、これを積み上げて、全体の開発規模や所要工数を見積もる手法である。
システムの外部仕様の情報からそのシステムの機能の量を算定し、それを基にシステムの開発規模を見積もる手法である。
見積りの精度を高めるために、システム開発の工程の区切りごとに、開発規模や所要工数を見積もる手法である。



答え.ウ



ディスク障害時に、バックアップテープからデータをリストアした後、バックアップ時以降のジャーナルを反映させて最新の状況にデータベースを回復する方法はどれか。 ( H15年度春 問57 )


チェックポイントリスタート
リブート
ロールバック
ロールフォワード



答え.エ



システムの開発部門と運用部門が別々に組織化されているとき、開発から運用への移行を円滑かつ効果的に進めるための方法として、適切なものはどれか。 ( H15年度春 問58 )


運用テストの完了後に、開発部門がシステム仕様と運用方法を運用部門に説明する。
運用テストは、開発部門の参加・支援なしに、運用部門だけで実施する。
開発部門は、運用テストを実施して運用マニュアルを作成し、運用部門に引き渡す。
システム開発に運用部門からも積極的に参加し、運用性の観点から支援する。



答え.エ



TCOの説明として、適切なものはどれか。 ( H15年度春 問59 )


自社に導入した業務システムに対する開発コストとハードウェアのコスト
ハードウェア及びソフトウェアの導入から運用管理までを含んだコスト
ハードウェア及びソフトウェアを整備・稼働させるまでのコスト
ハードウェアのコストとヘルプデスクやユーザ教育などのテクニカルサポートに要するコスト



答え.イ



既存のプログラムやファイルを解析して仕様書を作成し、これを参考にして同等の機能をもったプログラムやファイルを作成する開発手法はどれか。 ( H15年度春 問60 )


コンカレントエンジニアリング
リエンジニアリング
リバースエンジニアリング
リユーステクノロジ



答え.ウ



HDLC手順に相当するOSI基本参照モデルの層はどれか。 ( H15年度春 問61 )


データリンク層
トランスポート層
ネットワーク層
物理層



答え.ア



IPv4のIPアドレスは何ビットで構成されているか。 ( H15年度春 問62 )


8
16
32
64



答え.ウ



TCP/IPネットワークにおいて、IPアドレスを動的に割り当てるプロトコルはどれか。 ( H15年度春 問63 )


ARP
DHCP
RIP
SMTP



答え.イ



CSMA/CD方式のLANで、フレームを送受信するときに、送信元とあて先の特定のためにデータリンク層で使用されるものはどれか。 ( H15年度春 問64 )


IPアドレスのホスト番号
MACアドレス
サブネットマスク
ポート番号



答え.イ



公衆電話回線と内線電話機との接続、及び内線電話機同士の接続を行う装置はどれか。 ( H15年度春 問66 )


DSU
PBX
TDM
ゲートウェイ



答え.イ



データの正規化を行うことの意義として、適切なものはどれか。 ( H15年度春 問67 )


アプリケーションプログラムの作成を容易にする。
データの重複を避け、保守・管理を容易にする。
データベースの検索を効率化する。
データベースの構造を単純化することによって、所要記憶容量を少なくする。



答え.イ



E-R図に関する記述として、適切なものはどれか。 ( H15年度春 問68 )


関係データベースへの実装を前提に作成する。
業務上の各プロセスとデータの関係を明らかにする。結果として導かれる実体間の関連は、業務上の各プロセスを表現する。
業務で扱う情報を抽象化し、実体及び実体間の関連を表現する。
データの生成から消滅に至るプロセスを表現できる。



答え.ウ



データベースのアクセス効率を悪化させないために、定期的に実施する処理はどれか。 ( H15年度春 問70 )


再構成
再編成
データベースダンプ
バックアップ



答え.イ



ディジタル署名を利用する主な目的は二つある。一つは、受信者がメッセージの発信者を確認することである。もう一つの目的はどれか。 ( H15年度春 問72 )


受信者が、発信者のIDを確認すること
受信者が、秘密かぎを返送してよいかどうかを確認すること
署名が行われた後で、メッセージに変更が加えられていないかどうかを確認すること
送信の途中で、メッセージが不当に解読されていないことを確認すること



答え.ウ



ISO 9001:2000の認証に関する記述のうち、適切なものはどれか。 ( H15年度春 問73 )


一度認証されれば、資格はそのまま半永久的に有効である。
審査登録機関は、1国につき1機関である。
製造業を対象に認証するものであり、サービス業は対象外である。
品質マネジメントシステムの国際規格要求事項を満たしている組織を認証する。



答え.エ



CIOの役割に関する記述のうち、適切なものはどれか。 ( H15年度春 問74 )


情報化戦略を立案するに当たって、経営戦略に沿って、企業全体の情報資源への投資効果を最適化するプランを策定する。
情報システム開発・運用に関する状況を把握して、全社情報システムが最適に機能するように具体的に改善点を示唆する。
情報システムが企業活動に対して健全に機能しているかどうかを監査することによって、情報システム部門にアドバイスを与える。
全社情報システムの最適な運営が行えるように、情報システムに関する問合せやトラブルに関して情報システム部門から報告を受け、具体的指示を与える。



答え.ア



企業のコンピュータやパソコンを金融機関のコンピュータセンタに接続し、金融機関の各種サービスをオンラインで利用できるものはどれか。 ( H15年度春 問78 )


ファームバンキング
ホームバンキング
ホールセールバンキング
リテールバンキング



答え.ア



プログラムの著作権に関する記述のうち、適切なものはどれか。 ( H15年度春 問79 )


個人が作成し実名で公表したプログラムの著作権保護期間は、作成後50年である。
正当に取得したプログラムの複製物であっても、著作権者の許諾がない限り、それを更に複製することはいかなる場合でも認められない。
著作者が法人であるプログラムは、公開していなくても著作物として認められる。
プログラムを指定登録機関に登録しなければ、著作権は成立しない。



答え.ウ



システム開発における派遣契約に関する記述のうち、適切なものはどれか。 ( H15年度春 問80 )


A社から派遣された開発要員からの苦情が軽微なものであったので、 A社に通知せずに処理した。
B社から派遣された開発要員が、業務に精通していたので、プロジェクト完了まで1年を超えて使用した。
C社から開発要員を派遣してもらい、委託側社内を開発場所とし、開発効率を上げるため、C社の代表者に指揮、命令を任せた。
人手不足に対応するため、取引のないD社の社員をいったんE社に派遣してもらった上で、その人をE社との派遣契約で受け入れた。



答え.イ